1. HOME >
  2. 診療内容 >
  3. 一般婦人科

一般婦人科

忙しくてついつい見逃してしまいがちな女性の病気。身体が変・・・と思ったら早めの受診を。

婦人科というと、他の診療科に比べて行きずらいと思う方が結構いらっしゃるようですが、女性特有の病気というのは時に症状として分かりずらく知らない間に病状が進んでしまうケースもあります。
ぜひ早めの受診や定期的な検診をおすすめいたします。

女性ホルモンに関係する病気

月経周期の中でもホルモン量の変動があるため、更年期・老年期だけでなく、思春期(0〜18歳)・性成熟期(20〜40歳)であっても、正常から乖離した異常な場合、ホルモンを補充して正常に戻す必要がある方がいらっしゃいます。

図「月経周期とホルモンの変動」

女性ホルモン分泌量:少
  → 無月経、不正出血、月経前症候群(PMS)、基礎体温が一相性など

女性ホルモン分泌量:過多
  → 子宮筋腫、子宮内膜症など

ページ上部に戻る

婦人科診療内容

  • がん検診:子宮がん検診(子宮頸がん、子宮体がん)、卵巣がん
  • 膣分泌物:カンジタ、トリコモナス
  • 性感染症:クラミジア、淋病、梅毒、カンジタ、トリコモナス、ヘルペス、コンジローム、HIV
  • 月経異常:女性ホルモンの分泌異常による生理異常
  • 子宮腺筋症、子宮筋腫、子宮内膜症、月経痛
  • 不正出血:子宮頸管ポリープ、クラミジア感染症、子宮がん、ホルモン分泌異常など
  • その他:ブライダルチェック(妊娠前チェック)
     挙児希望の方、結婚前、妊娠前に婦人科疾患をチェックしておきたい方。
     子宮がん検診、超音波検診、性感染症チェック、風疹抗体検査をお勧めします。
  • ピル外来 避妊相談

    <初診でピルをご希望される患者様へ>
    当院ではピルを処方する前には必ず子宮や卵巣に異常がないか、また他の疾患がないか検査を行ったうえでの処方になります。生理が始まる前の、早めの受診をお願い致します。
    *緊急避妊ピルの処方は当院では行っておりません。

ページ上部に戻る

子宮筋腫、子宮内膜症の内科的療法(薬物療法)

当クリニックでは、子宮筋腫、子宮内膜症の内科的療法(薬物療法)をおこなっております。

卵巣の働きは視床下部からのホルモンと下垂体からのホルモンで調節されています。下垂体からのホルモンの産出・分泌を抑える薬(Gn-RHアナログ)を長期間投与して卵巣ホルモンの分泌を抑えて筋腫を小さくするものです。

卵巣ホルモンの分泌とGnRHアナログによる調整

図「卵巣ホルモンの分泌とGnRHアナログによる調整」
※この図は子宮筋腫における治療例です。

GnRH(ゴナ ド トロピン放出ホルモン)
 ……脳の中の視床下部から分泌されて脳下垂体を刺激します。

 

LH(黄体ホルモン)、FSH(卵胞刺激ホルモン)
 ……GnRHの作用により、脳下垂体から分泌されて卵巣を刺激します。

 

エストロゲン、プロゲステロン
 
……LH、FSHの作用により、卵巣から分泌される女性ホルモンで筋腫を増大させます。

診療時間
月毎の診療詳細はカレンダーでご確認いただけます。

<婦人科>
◆ 月・水・木
  10:00〜12:30
  14:00〜17:30
◆ 土
  10:00〜12:30
  午後休診
◆ 火・金・日・祝日 休診

<形成外科>
◆ 火曜日
  9:10〜16:50
◆ 日曜日
  9:10〜12:00
◆ 祝日 休診
ご予約 0466-34-7788

メディア情報〜当クリニックが掲載された記事をご覧ください
患者様の声〜当クリニックで受診されている患者様の声をご紹介します。
スタッフブログ「SAKOの日常★美肌になるためのステップ」。

ページ上部に戻る